toggle
2021-06-09

水無月のタネニハガーデン

降ったり、やんだりの6月。

ガーデンの植物たちは、照る日は陽射しを、降る日は雨を

うきうきと吸い込んで元気に伸びています。

今日は、雨上がりの午後、薄日が差してきた気持ちのよいタネニハをご紹介。

入り口入った左手の木陰で出迎えてくれるのは、シモツケソウ。

下野草(シモツケソウ)

紫のベル型のかわいい花は、たぶん…カンパニュラ・ラプンクロイデス、和名旗竿桔梗(はたざおぎきょう)…かと。

池のふちには、オカトラノオが風に揺られて、さわさわ。

そして池の向かいにすっくと立つのは、スモークツリー。

白熊(ハグマ)の木、カスミノキ、ケムリノキとも。
近くで見ると、確かにクマさん感!

そして、なんといっても

今一番見事なのが、西洋あじさい、アナベルの群落。

あじさいをゆっくり楽しんだら、ショップ裏手の一角へ。

蝶がひとやすみ中(食事中?)のストケシア、紫花と白花のツートンカラー。

たくさん咲いていたペンステモンも、名残の花をひっそり。

ペンステモン ハスカーレッド

少し気の早いコスモスは、昨年のこぼれ種から育ったもの。

今週中に、ガーデンに沢山ひまわりを植えるので、きっとまたがらっと雰囲気が変わると思います。

ひまわり・夏模様になる前の、爽やかガーデンのご紹介でした!

ガーデンに植えるひまわり、ただいまハウス内で待機中

スタッフふくだ

関連記事