toggle
2022-05-04

麦畑をわたる風

雨の後の晴れ間の昼下がり。

「私の麦畑」ワークショップ第3回「草取り」がおこなわれました。

住宅の中に残る麦畑。残していきたい畑です

麦の穂もすくすく伸び、麦粒が肥えてきてホクホク…

と喜んでいたのもつかの間!

前日の土砂降りで、麦がだいぶ倒れてしまいました。

倒れた麦の穂が地面についたままだと腐ってしまうため

急遽、ワークショップは「草取り」の前に

まずは倒れた麦を起こしてロープで支える作業を行うことに。

支柱を立て、ロープを結んで、倒れた麦を起こしてささえます

「今起こしてあげれば、大丈夫育ちます」の社長の声を受けて

みなさん、一生懸命麦を起こしてくださいました!

よいしょ、よいしょ…ひたすら、倒れた麦を起こす。地道な作業です

麦をひととおり起こした後、やっとこさ、本題(?)の草取り。

小さなお子さんも、麦の中に埋もれる位もぐりこんで、

がんばって、茂った草を抜いて、抜いて。

ちびっこ草取り隊も大活躍。たくさん抜いてくれました

5月の下旬には麦秋(麦の収穫期)を迎えます。

倒れた麦たちも力強く復活して、黄金色の麦、沢山実らせてほしいです。

穂にみえるのは、白い小さな麦の花

*  *  *

さて、ちょうどタネニハガーデンも美しい時期。

ワスレナグサがお出迎え

今はバラのトンネルが見事!

集まった皆さんの目を楽しませてくれました。

バラのアーチの脇には

あやめとユーフォルビア、深紫と黄色のコントラストがこれまた綺麗。

ギョリュウ(御柳)の花も見ごろです。

花の後、けむりのようなほわほわになります

ワスレナグサももうしばらく楽しめそう…、

お天気の良い日、ぜひぜひ

花咲き乱れるガーデンに遊びにいらしてください。

スタッフふくだ

関連記事

         

会社概要
お問い合わせ