toggle
2021-09-25

秋の訪れ

秋分が過ぎて、日の入りがなんと早くなったことか!「秋の日は釣瓶落とし」を実感しています。

見上げた空も秋!

涼しくなって気持ちよく、「さあ、もうひと仕事」と思っても…あっという間に真っ暗になってしまうこの頃です。

農園の木々の間から、田無タワーを望む

菊三姫・マムの花開く!

夏の間、夕方5時になると遮光して(菊を育てているハウスを遮光カーテンのようなもので、暗〜くします。以下遮光カーテンと言ってしまいます。笑)早めの夜を感じさせてきました。

そして朝になったら、遮光カーテンを開けて太陽を浴びさせてきました。

セイオペラベージュ、かわいい!

遮光カーテンの開け閉めは、お彼岸を過ぎたらいらなくなりました。そんなタイミングで花は咲き始めました♪

前回のブログではまだ固かった蕾が開くと、こんなに可憐でエレガントな花が。姫らしく育ってきたように思います。

三姫はポットマムのセイオペラベージュとミシェルティエラ、スプレーマム・セイフォリア

優しい色合いに目がハート!セイフォリア

種まき祭り開催中!

最近、種蒔きからの栽培が増えて、絶賛「秋の種まき祭り」開催中です。「定植祭り」も同時開催。

アリッサムは2種、元気に発芽!
ラベンダーだったと思う(ラベル見ないとわからん)

発芽して ひと安心の 秋の種蒔き

種蒔きは丁寧に!をモットーに。芽が出ているよ!発芽したときは小躍りしたい気分です。

ただ発芽して双葉になっても、誰が誰やら、どの子も最初は同じような顔をしています。(うーん!よーく見ると、個性出してる子もいるか?)

蒔いた種は、ネメシア、ペンステモン、ラベンダー、それからギリアと…まだまだ10月まで続きます。

今日もポピーを蒔きました、アメイジンググレイとパンドラ。初めて生産するポピーの種、無事に発芽してくれよ〜

葉ボタンの成長便り

水やりに追われる日々は続いております。成長にばらつきはありますが、葉ボタンブーケの形になってきた子が増えています。

気温の下がる秋の深まりとともに、それぞれの個性が際立つ、美しい色が出てきます。

10月号「趣味の園芸」に秋田緑花農園オリジナル・ビオラ『多摩の星空』が掲載されました。ビオラ・パンジー便りもお届けしていきます♪

スタッフたごく

関連記事

         

会社概要
お問い合わせ