toggle
2022-01-26

冬は昼間が勝負…

今年の冬は寒さが厳しいですね…。

養命酒を飲んで湯たんぽを作って、

ハウスでの作業中はカイロをお腹にも腰にも足裏にも貼って、それでも寒〜い!

皆さま、お変わりありませんでしょうか…。

とはいえ季節はちょっとずつ巡っているようで

毎年福寿草が咲く草むらを覗いてみたら、おお、やっぱり。

地面にぽっちり花が出現

まだ咲き初めですが、いっきに春気分が盛り上がります!福々しい名前も良し。

ふきのとうもむくむくと…

まだ蕾は固そう

こうして、すこーしずつ、春に向かっていくんですね。

とはいえ農園は朝晩まだまだ氷点下、本当にここ東京?の極寒状態。

屋外にある水場は、水道管の内部の水が凍って破裂しないように、夜間は綿入れ必須。

防災頭巾みたい(死語?)

この時期は、植物たちへの水やりにも配慮が必要なんです。

農園で植物の水やりに使っている井戸水は、

「夏は適度に冷たく・冬場も冷たくなりすぎず」

な、素晴らしいお水なのですが

井戸から各水場への配水管内の水が朝にかけてすごーーく冷たくなるため

ところによってはアイスキャンデーみたいな氷が出てくるほど…ブルブル。

ザラザラザラ…見ているだけで寒いよ~

というわけで

水やりの時は、まず数分水を出しっぱなしにして、冷たい水を出切らせて

その後、水温が上がったタイミングで水やりをします。

しばらく水を出して、水温チェック

ゼラニウムや芽吹きたての苗など、寒さに弱い植物は、冷水で根っこが痛み成長にも影響するので、ここは気を付けたいところ。

ていねいに水やり中のたごくさん

冬は水やりの時間帯も大切で、

夏ほどは土も乾かず、夜の間に冷たい水がポット内にたまるのも良くないため

植物が光合成をはじめる、早めの時間帯に適量を見きわめて。

日が短いこの時期、あたたかな陽のある時間帯がとっても貴重。

水やりも、こまかな作業も、とにかく、陽のあるうちに、あたたかいうちにと頑張ります!

今日のお昼は、作業の合間にハウスの草むしり。

気づかぬうちにこんなに草が(涙)
細ーい空間に身を潜らせて、せっせと草むしり
大漁♡

草にも命があれど、ハウス内で増えると、種を飛ばしたり虫が増えたり…さまざま困るので早め早め、が肝心。

腰は痛いけれど(ほぼ筋トレ…またの名を農園RIZA〇)、草むしりの後はハウスも気分もちょっとすっきり。

草むしりの合間に顔をあげれば、可愛い子もあちこちに。

ぞうさんビオラ。花弁がくるんと、ぞうさん!
カレンジュラも咲きだしました
ネメシアのカーペット

これからは目まぐるしく植物が成長してくる時期、

ブログでも元気な花たちの様子をお伝えしていきます。おたのしみに!

オレガノカルカラータの鉢に同居中、きのこ兄弟

スタッフふくだ

関連記事

         

会社概要
お問い合わせ