toggle
2021-02-15

ムスカリの芽出し球根

この土日は春のような暖かさで、水を浴びる植物たちもうれしそう。

「三寒四温を繰り返しながら、春がやって来るのだなぁ」と、しみじみ感じます。

影のハウスでは、カレンジュラ、デージー、ネメシアが元気に。
陽射しを浴び、咲いたネメシア!

風のハウスでは、真ん中の仕切りカーテンをところどころ結んで気持ちよく風を通しました。

パンジーもまたまた花を咲かせて
お姫さまのベッド!?
姫たちが次の出番を待ってます♪

心配したよ…、ムスカリくん!

芽出し球根をプラグトレーで栽培

球根をプラグトレーにのせるように植えて

初めてのムスカリの栽培。

保存していたとき球根にカビが出てしまったのが心配の始まりでした(汗)。プラグトレーに植えるの?ビックリマークの私たち(笑)。

ムスカリは遮光した真っ暗なハウスでの管理。毎日まるちゃんが見守り続けてくれたー

根っこが伸びて飛び出しそうな姿に土を補充したり、カビが出たときには影のハウスに移動させたりと心配させられましたが、

陽を浴びて元気になりました。

風のハウスに引っ越すと、さらに「おひさまパワー」で蕾も膨らみ、予定よりひと月遅れでしたが、出荷の日を迎えましたー♪

どの子も元気に!ラナンキュラスも順々に!

ラナンキュラスに限らずですが、生育が順調な子もいれば、苦戦している子もいます。どの子も“元気な花に”と水やり、肥料などのさじ加減を検討してがんばってまーす。

アヤリッチ
アラクネjr
この子はトリトン。ウピスもいます!

東日本大震災から10年のこの時に、3.11の余震とは…驚きました。被害に遭われた皆さまには心よりお見舞い申し上げます。これ以上被害が広がりませんように。

そして備えを見直さなくては。

スタッフたごく

関連記事