toggle
2021-03-28

ふやしたい…

東京はちょうど桜が満開。

農園もまさに春爛漫、あちこちで泉のように花が湧きこぼれて、桃源郷のよう。

敷地内の道ばたに、菜の花も満開
水仙街道@ビニールハウス前
草むらも、花のカーペット

ハウスの中でも、このところの暖かさで、エリゲロン、紅白のいちごにへびいちご、二作目のカレンジュラ…などなど順調に咲き出し、そろそろ出荷時期。

さらにもう少し先になりそうですが、ポレモニューム、レースラベンダーのチーム・パープルも蕾がほころびだしました!

咲き出すと早いので、ほどなくお届けできそうです。

ひそかな人気者ポレモニューム
レースラベンダーは、昨日くらいから咲き初め

さて農園には、育て始めて数ヶ月の、比較的短いサイクルで出荷となる花苗の他に、もう少し長いスパンでそだてている植物もたくさんおりまして。

「株分け」「挿し木」「種とり」などをおこなう「たね部」のスタッフが中心となって、「植物をふやす」ための「親になる株(親株)」も育てているのです。

この親株たちも、すぐに商品となる苗に劣らず可愛い花を咲かせているので、ぜひ見てあげてください!↓↓

■台湾梅花からまつそう

昨年種取りをしてまいたチビ苗が育って、ようやく花をつけた梅花からまつ。

まだまだ数が少ないので、今年また種をとり、せっせと種をまいてふやして、たくさん育ってくれたら売れるかな…。がんばってふやします!

台湾梅花からまつそう。
丸っこい蕾は、お菓子のようなかわいらしさ。
まだ数ケースしかないので、だいじにだいじに…元気にそだてます…

■ミニショウブ

こちらも昨年初めて株分けした新顔ちゃん。

まだまだ株も小さく、数も少ないので、今年は販売はむずかしそうですが、すでにスタッフの人気者。これもはやくふやしたい〜!株が育ったら、また株分けです!

3月なのに一人初夏のおもむき、ミニショウブ

あたたかくなってきて、植物の動きも早くなってきました。

挿し木したり、株分けしたり種を取ったり…といった「たね部」の活動、これからいそがしくなりそうです。

(でもかわいい植物をふやすのは楽しい!嬉しい!)

スタッフふくだ

関連記事