toggle
2021-05-18

梅雨!紫陽花の挿し木も

農園入口にも白いバラ、アイスバーグだったかな。

薔薇がきれいな季節。遠出できなくても、ご近所のあちこちで見られ、その美しさと香りにうっとりします。

もう真夏かと思う日が続いたと思いきや、曇天時々雨。各地で梅雨入りしていますね。

空からこんな雨が降ってきたら…楽しい⁈「晴れときどきぶた」みたいに。

「水やり3年」と言うが、簡単ではなかった(汗)

成長しようとする植物に午前中の水やりは大切。そして、水やりの基本は「乾いたらたっぷり」

たくさんの植物たちを相手にすると、これが難しい。

すぐ乾いて水がたくさん必要な子もいれば、やり過ぎてはいけない子もいる。

市場の集荷でトラックが何時に来るかを気にしつつ、水やり。待ってもらえる子には「後で」と約束して、出荷作業へ。

夏のような暑さには、午後にもう一度水やりが必要!そんな日があるかと思えば、

曇時々雨。冷んやりとした空気になかなか乾かない日も。水やりもメリハリが大事。

梅雨入りも近い。

挿し木のベストシーズン!

「タイムの挿し木」まるちゃん撮影。(写真上手い!)

この季節は、挿し木のベストシーズンでもあります。

昨日の午後は、3人でフォクスリータイム、シルバータイムのタイム2種、合計2000本以上をさしました。

斑入りノブトウ

ノブトウ、ニシキザサ、インディアンミント…などなど、「次は私!」と待機しています。

それから、タマシダやフォーミュームなどの株分けもしたい!

薔薇から紫陽花の季節へ

薔薇もまだまだ美しい季節ですが、雨にはやっぱり紫陽花の花が似合います。

アジサイの学名は「ハイドランジア」。ギリシャ語で「水の器」という意味なんですって。梅雨の街に、白、青、紫、紅などの紫陽花が映えます。

農園のハウスでは、ヤマアジサイが可憐に咲いています。

山紫陽花の挿し木、上手くいきますように。
去年挿した苗に花!やる気スイッチ入ります。

昨年は時期を逃し、やってみたものの成果が少なかったヤマアジサイの挿し木…その悔しさをバネに取り組みます(笑)。

スタッフたごく

関連記事