toggle
2020-11-10

立冬過ぎて寒さの中

立冬を過ぎて、東久留米からも富士山が見える時期になりました。

暖房が必要になる、秋のゼラニウム栽培をやめた農園。

この時期、ゼラニウムがいた「風のハウス」に

今年はパンジー・ビオラが色とりどり!ここは春のよう。

極小輪「多摩の星空」…先週末から販売が始まりましたー
ちょっとずつ違う、べっぴんさんたち。
「多摩の星空」は農園生まれ。
今年は例年以上に、各種たくさーんのパンジー、ビオラを栽培。

「風のハウス」だけでなく「かげのハウス」でも作ってます(汗)。

もうすぐ、色々なパンジー、ビオラのお届けも始まります。

昨年デビュー、農園生まれの「多摩の椛」もありますよ。

ハウスと事務所を行き来するとき、目に入る
何気なく置かれた冬瓜が…絵になる、農園のこんなところも好き。

芽が出た?根っこは?種まき、挿し木はドキドキの作業でした。

種まきや挿し木をした苗の定植もしなくちゃ。

春に向けてラナンキュラス、ラックス、ネメシアなど、購入苗も続々と届き

気を抜けない日々です。がんばれ!私たち。(笑)

春に向けて、種まき、挿し木した苗を植える作業をしています。
暗くなるのと作業終了!お日さまと競走です。

葉ボタンにしっかり色が出てきました。

出荷も間近ですよー

スタッフたごく

関連記事