toggle
2022-06-15

雨ニモ負ケズ。

先日の社員ミーティングのヒトコマ。

開始時刻になると、小森さんが焼き芋と共に現れました。

「焼き芋したの!お芋食べよ~」

~会長が育てた「安納芋」と「紅まさり」。皮ごと美味しく食べられます。~

突然のお芋登場!!にふふっと皆リラックスムード。

9人でぐるりと机を囲んで、お芋を食べながらミーティング。

そして秋田社長による青空ミーティング。(写真を撮りたくなるような光景でうずうずしましたが、真剣に聞きました!)

こんな平和な光景も農園ならではでしょうか。

会長が大切に育てたお芋の、なんと甘くて柔らかいこと。

その熟れ具合といったらまるで果物のようで、果汁のように水分がしたたります。

秋田社長がよく「植物にはお世話している人の気持ち(感情)が伝わる」と言いますが、このお芋の優しい味も会長のお人柄でしょうか。

いつも必ずはちきれそうな笑顔で「ご苦労様ー!!ありがとーう!」と大きい声で労って下さり、農園の植物や木を我が子のように日々大切に守られている会長のお姿を見る時、ここにご縁をいただけて良かったなぁと感じます。

ご馳走様でした。

さぁ突然ですが、果物といえば農園にはこんな物も。。

~まだまだ青いけれど、美味しそう。~

季節は夏に向かいだんだんと強くなる日差し。

そんな中農園で働く私たちに、涼しい日陰を作ってくれるのがこの葡萄棚。

いつも休憩させてくれてありがとう!

~葡萄棚の下のベンチに落ちていたかわいい子たち。ぶどうのお花。~

それにしてもこの葡萄さん達、日に日に目を見張る勢いで成長しています。

植物の成長サイクルって本当に早くて、一瞬足りとも見逃せない(見逃したくない)なぁと思います。

~毎日がシャッターチャンス。~

秋田社長が麦のワークショップでも言っていましたが

「暑い時は、一瞬吹く風を体全部で全力で感じる」社長ってもしかして植物なのかな?と思ってしまいそうな言葉。

でもやってみると本当に涼しくなるのです!(不思議。)

暑い暑いと思っていると、吹いた風にも気付かないのに。

今この瞬間、目の前のことに集中する。なんだか禅の修行をしているみたいです、、!

~「若造、まだまだだな。」 byシロちゃん~

さて話が逸れましたが、この葡萄棚の下で行うのはお花の発送をするための梱包作業。

段ボールの中にお花の入ったトレイをそーっと下ろして、上から改めて見たら。

~お花畑を四角く切り取ったみたい!~

「えー!かわいい!」思わず口に出てしまいました。

それを見ていたのんさんが笑いながら「かわいいって思って送り出してあげるのは、お花にとっても良いこと!」と言ってくれました。

この子がお店に無事届き、店頭から優しいどなたかの手に渡り、また「かわいいね!」と沢山愛情をかけてもらえる所まで想像出来ました♩

大丈夫、安心して行ってらっしゃい!

カンカンカンカン。。。

農園に響く金属音、この音はどこから?

~農園の坂道の途中に新しく建設中のハウス。なんて名前が付くのかな?~

普段毎日出入りしているビニールハウス、ゼロから建てる所を見るのは勿論はじめて!

農園の朝は早いのですが、7時に一番乗りのつもりで張り切って農園に行くと、もうすでに職人さんが作業に取り掛かっていらっしゃいます!

~なんと、たった一人で作業して下さっています、凄い!~

こんなに高さがあって幅があって大きい物を、こんなに綺麗に丁寧にそして速く。まさに「職人技」!

「すごいですね~!」と言ったら「誰でも出来ますよ」とのお言葉。で、、出来ません!!毎日本当にありがとうございます。完成が楽しみです。

最後に、私の好きな宮沢賢治の詩を。

~これが農園の事務所の入り口に置いてあるのを見つけた時は、嬉しかったです!~

私は大きな木を見上げるといつもこの詩が頭に浮かびます。

「そういう者」にいつか私もなれるように、この農園でお仕事させていただける日々を通して精進してまいります。

いつも背中を見せて下さる諸先輩方に感謝を込めて。

新人スタッフのまりでした。

関連記事

         

会社概要
お問い合わせ